スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロントの貸し部屋

ここのところ身近で部屋探しをしている人、テナントを探している人がなぜか多いです。
人が引っ越し始めるのはやっぱり春ごろなので(冬場でも引っ越す人はいますが)、今すぐ入れる良さげな物件がなかなかないみたいです。
で、最近特に変わったこともせず、毎日家と仕事をおとなしく往復しているだけなので貸し部屋ネタにしてみましょう。

今わたしが住んでいるのもそうですが、アパートの部屋を借りるときは大概1年契約になります。
雇用証明も提出しないといけないし、1年間家賃をきちんと納められるという証明ができないと、契約自体を却下されることもあります。なのであまり自分で契約したい人はいないと思いますが、中には半年契約できる物件もあるので、どうしてもと言う人は安全策にそういうところを探してもいいかもしれません。ちなみに、1年や半年の契約期間終了後は、いつでも引っ越せます(引っ越さないといけないわけではない)が、退去通知を60日前までに出すことが法律で決まっています(一般的な賃貸物件の場合)。たまに、ワーホリや学生ビザの人が半年契約しようとしたときに、半年分の家賃を前払いするように要求されることがありますが、First & Lastと言われる初月と最終月の2か月分以上の家賃・デポジットを要求することは違法なので拒否しましょうね。

では一時滞在の方たちはどんな部屋を借りているのか?
ネットの普及でいろんな情報があふれているのでご存知の方も多いとは思いますが、一番主流なのがルームレントです。
一軒家やアパートの中の一部屋を、その家やアパートのオーナー・借主から間借りすることになります。主に、浴室や台所はテナント同士やオーナーとシェアになります。シェアする人数も物件によってかわってきます。中にはテナントしか住んでいない家も多くありますが、大家さんが一緒じゃないほうが気楽といえば気楽です。でも何か壊れたりしたときに、同じ家にいると修理を要求しやすいです。大家が別に住んでいるとすぐに来てくれなかったりするので
シェアメイトとは仲良くなれることもあれば、たまに顔をあわせたときに挨拶するくらいということもあるので、その家の雰囲気やそのとき住んでいる人によりますね。カナダ人が住んでいる家にこだわって探す人もいるみたいですが、同じ家に住んでいるからと言って友達になれるわけではないです。その辺も部屋を見学しに行ったときに聞いてみてもいいかもです。
ちょっと贅沢な気分になれるのが、コンドミニアム(一般的にコンドと呼びます)でしょうかね。アパートでは各部屋に洗濯機が置けないことになっていますが(地下か1階にランドリールームがあります)、コンドは各部屋に洗濯機と乾燥機が完備され、24時間フロントに人がいて、パーティルームやジムが住人に無料で開放されています。たまに友達を訪ねて行ったりしますけど、きれいだしいいですよー。でも家賃もちょっと高めになります。

専用浴室や台所付きがいいけど1年契約はできない、という人も、家主や借主から直接借りれる長期契約なしの物件もあります。日本で言うワンルーム(こちらではバチェラーといいます)のようなところもあれば、寝室とキッチン・ダイニングスペースが分かれているところもあります。こういう物件は、たまに家のメインフロア、2階、3階部分全部ということもありますが、ベースメントということが多いですね。ベースメントも、中には天井が低くて窓も小さくほとんど光が入らないというところもあれば、天井の高さも普通の部屋と同じくらいかちょっと低いくらい、窓も光がちゃんと入ってくるくらいの大きさのところもあります。こういうところは、大概1階への玄関が階段を上がったところにある家がそうですね(メインフロアが地面より高い=階段で玄関まで上がる)。
ベースメントのほうが一般的に安めです。天井が低すぎたり窓がないお部屋は、長く住むとになる人もいるのでご注意

トロントのダウンタウンは特にそうですが、古いおうちが多いので家にネズミがいることも珍しくありません。見学に行かれたときに、可能ならキッチンの流しのしたの戸棚などちらっと開けてみて、ネズミの落し物がぽつぽつないか見てみましょう。大家さんに聞いてもいいですけど、自分の目でも見ることは大事です。よっぽどネズミがうろうろしていなければ、住めないことはないですが、食べ物を出しっぱなしにしたりしないように自分でも気をつけましょうね。
ゴキブリのほうがタチ悪いとわたしは思います・・・。

どの物件も、2~3ヶ月だと大家さんに貸ししぶられることがありますが、留学生に貸しなれているようなところはその辺物分りがいいと思いますよ。
家賃の平均は、キッチン・浴室シェアで$350~600、完全プライベートでベースメントが$500~800、上階が$750~$1000くらいでしょうか。わたしの個人的な見解ですけど。これより安いところも高いところもあります。値段は立地と部屋の内容で変わってきますね。
最近はネットがついているのが普通になってきているみたいですよ。特に留学生相手に部屋を貸しているところは、インターネットの要求が多いので家賃に含んでいるところが多いです。
借りる前に、必ず家賃には何が含まれているか確認してください(ネット、ケーブル、光熱費など)。ランドリーが家にあると非常に非常に便利です・・・。わたしは今まで借りた部屋(一軒家内)にランドリーがあったことがないので、近くのコインランドリーまで洗濯物かついで行っていました。週に1回のことだし慣れるんですが、まぁ家にあると便利ですね。わたしの場合はなくても近所にランドリーがあるなら気になりませんけども。
ちなみに、日本語のクラシファイドに広告が出ている物件は日本人に好んで部屋を貸しているところか、今住んでいる日本人が次に住む人を探していたりするので、きれいなところが多いみたいです(日本人はきれいな部屋じゃないと住まないので)。その分、家賃も若干高めです。前は$400~$420の物件を良く見かけましたけど、最近は$450以上が多いですね。
日本と違って引越し時に初月・最終月の2か月分の家賃を払うだけでいいし家具付きのところが多いので、1年の滞在の間に何度も引っ越す人もたくさんいますよ。わたしはめんどくさいのであんまり引っ越しませんが。それでも1年以上住んだ部屋は今のアパートだけですからね。それなりに引越していたようです・・・。


まぁ他にもいろいろと言えることはありますが、長くなったのでこの辺で・・・。
スポンサーサイト

<< ふらりとカフェに  【BACK TO HOME】  スキンケア用品 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。