スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winterlicious

トロントで毎年開催されているイベント、Winterliciousが来週末から始まります
ランチは$15か$20、ディナーは$25か$35の価格設定になっていて、それぞれのレストランが3コース(前菜・メイン・デザート)のランチとディナー(ディナーのみの店もあり)メニューを設定します。
普段はちょっと高くて・・・というレストランも多数参加しているので、この機会に贅沢な気分を味わってみてください。人気のレストランは、すでに予約が取れない可能性も高いです。
中には本当にたいしたことないレストランも結構あるので、慎重にネットでレビューなどを見て選んでくださいね。
毎年何軒か行くんですが、5軒行ったら必ずハズレが1軒はありますねぇ。
サービスが最悪なせいでせっかくの料理が台無しになったこともありましたが、これはそのときのサーバーによるので運もあるかな?このイベント期間中は、ほとんどのレストランが激忙でサービスの質が落ちるところもある気がしますが、忙しい中でもスマートな対応ができているレストランはやっぱり高級なところばかりですかねぇ。一概には言えませんが、経験上そうかな、と。
ちなみに、こういう大多忙でも良いサービスを提供できるようなハイエンドなお店では、チップは25%くらい(かそれ以上)が相場なようですよ。相場というか、それくらいを期待されているというか・・・。超高級レストラン(このイベントには参加していません)で働く友達が食事先でチップを払うとき、最低ラインが25%なのでそんな話になったことがあるんですよねぇ。もしかしたら彼女と仲間内で期待している額なのかもしれませんけど。まぁあそこはトロントでもイチニを争う高さですからね・・・。
わたしには、そんな高いお店に食事に行くんだからチップけちったら恥ずかしい、という心理が働いて相場がつりあがってるような気がしてならないんですけど・・・。
まぁ義務ではないけど、気分よくお食事できたらチップもはずんであげてください
わたしはチップの額でサービスに対する満足度を示せるこの制度が結構好きです。伝票の額面通り払うだけでいいならそれに越したことはありませんけどね

夏に行われるSummerliciousよりもWinterliciousのほうが予約が取りにくいので、興味のある方は早速チェックしてみてください。
スポンサーサイト

<< 家で映画鑑賞  【BACK TO HOME】  ペットシッター >>


◆ コメント ◆

「」


こんにちは。
私は4月にトロントに行く予定なので、まずはsummerliciousを楽しみたいと思います。
初めて聞きましたーこの制度!さっそくmemoしました。ありがとうございます。
すみません、質問ですが
カナダ人の友人から刺身の買い方を教えてくれと頼まれましたが、カナダでは刺身用の魚はスーパーで売られていないのですか?

「」


hさん。
こんにちは。
夏のトロントはSummerliciousだけじゃなくほかにもいろいろイベントがあるし、公園なんかへ散歩やローラーブレードしに行くだけでも楽しいのでいいですよ。
こちらで刺身用の魚はスーパーでは買えないですね。店によっては刺身にもできるくらい鮮度のいいものをおいていることもあるかもしれませんが、少なくとも誰もスーパーの魚を生で食べようとはしないと思います。
わたしは一度も利用したことはないですが、Ichiban Fishhouseというお店で刺身が量り売りされているそうです(15 Spring Garden Ave 地下鉄Sheppard駅近く)。あとたぶん、J-Townという日系のお店が入った小さなモールがトロント北部にあるのですが、そこにも魚屋さんが入っていると思います。あとは遠いですが韓国系のギャラリアというお店が北のほうにあったと思います。大きくて品揃えも豊富と聞いたことがあります。
日本のように新鮮な魚が簡単に手に入りませんし、魚介類好きな方は日本でしこたま食べてくることをオススメします(笑)。

「」


わ~どうもありがとうございます。
友人は変な質問するなぁ・・と思っていたんです。かなり意識して生の魚介類堪能してから日本を発ちます。本当にありがとうございました

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。