スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本について学ぼう

ブログを書こうとしてまず初めに出てくる文章が「仕事が忙しかった」ばかりで、ちょっと自分でも「他にないのか」とツッコミたくなります。まぁヒマより忙しいほうが全然いいんですけどね。微妙に毎日残業になるので、あまり忙しくない日にその分早く帰ろうと思いつつ、なかなかチャンスがないです。
でも、幸い仕事自体は嫌いではないので、例えば休み明けなんかでも「明日から仕事だー。行きたくないー。あーいやだー」とは思わないから自分でも恵まれてるなぁと思います。せいぜい「朝起きれるかな」って心配になるくらいですね。まぁいろいろありますけどね。以前は仕事に行くのがイヤでイヤで胃が痛くてごはんがちゃんと食べれなかった時期もありましたし(同じ職場です)。乗り越えたというか、図太くなったというか。最近は新しく入ってきた人たちに、以前のわたしと同じことでストレスたまっていっぱいいっぱいになって相談されることがよくあるんですが、すでに神経が太くなり過ぎてその手のことでストレスを感じなくなっている自分に気づきます(笑)。まぁ、いいことです。そういうことにしておきましょう・・・。

閑話休題。
他の人のブログを覗いていてもよく書かれていますが、カナダではカナダ人や他の国出身の人たちに日本のことを聞かれる機会が非常にたくさんあります。特に語学学校にいると、それこそいろんな国から来た人と出会うし、日本人に会うことが初めての人や、日本がどこにあるのか知らない人アジアには中国しかなくて、アジア出身者は全員中国人だと思っている人、などなど、多種多様です。なので、たまに質問攻めにもあいます。(逆に彼らの国のことを何も知らないわたしたちでもありますが。わたしは旅行好きでよく地図を見たりしていたので、どの国がどのあたりにあるのか、なんとなく地理的なことはわかっても、知らないことがたくさんあるのでわたしが質問攻めすることもあります。)
カナダ人も何気に日本の政権交代のことや経済のことなんかをよく知っている人が多くて(こちらでもよくニュースや新聞で取り上げられるみたいですね)、無知なわたしには答えられない質問をされることもしばしば。その度に自己嫌悪なんですが、そのテの話題は説明されてもよくわからないのでね・・・。
なので、日本のことをもう少しよく知っておくと、会話のネタになりますよ。特に初めて会った人たちと話すとき、話のネタ振りに日本のことを質問してくる人も多いので、多少なり答えられると話が弾んで会話がうまくいくきっかけになるかもしれません。
日本の文化などを簡単にまとめた本もたくさん出ていると思うので、ぜひ読んでみてください。さすが歴史のある日本だけあって、結構おもしろいです
プレゼンのある学校では、ネタにも使えて一石二鳥なんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

<< ペットシッター  【BACK TO HOME】  ギフトラッピング >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。