スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒールに優しくないトロントの道路。

昨日の夜、友達何人かとディナーに出かけ、1人早めに帰りたいって子がいたので(いつも夜中まで話し込むもんで)10時前には解散。で、友達と分かれた後別の友達とジャズフェスに行こうと思って電話

・・・しようとしたら、かけた瞬間に充電切れで携帯がお休みに・・・
公衆からかけ直そうかとも思ったけどもうめんどくさくなって、そのまま食後の散歩ついでに歩いて帰宅してしまいました。
気温もちょうどいい感じでジャズフェス行くにはもってこいの金曜日だったんですけどね。
今日は特に予定もなくふらっとお出かけしてきました。
最近残業が多かったりで、ちょっとお給料も増えてたんで自分に何か買ってあげようって思いつつ、買おうと思って店に入ると買いたいものも見つからなくて、結局何も買ってなかったんですよね。
で、今日も見つからないかなー、と思いながらふらふらと何店か回ってきたんですけど、普段使いにぴったりなカバンを見つけたのでお買い上げ
もっとぱーっといきたいとこだったんですが、それ以外欲しいものもなかったんで、まぁまた今度ってことで。

そういえば、先週末出かけたときにミュールをはいていたんですが、ヒールはほとんどないけど先が細くなってるタイプのもので、トロントのでこぼこなちゃんと舗装しろよな道路の隙間か穴に引っかかって先っぽが取れてしまったんですね。
取れたことにその時は気づかなかったんですが、でもヒールが引っかかっていつも通り引っこ抜いたときに(しょっちゅうなるもんで・・・)なんか変な感じがして、少し歩いてから見てみたら先っぽが取れてて金具が見えてました・・・。すぐにさっきヒールが嵌った辺に戻ってみたら、道路に転がってるヒールの先っぽ発見。
その日はそのまま歩き回るわけにも行かなかったんですぐ帰宅したんですが、今日それを思い出して靴屋さんに修理に出してきました。
日本では靴の修理ってしたことなかったんですが、こっちに来てから毎年サンダルもブーツも修理に出してます。高級とはいかなくても、それなりのお値段のちゃんとした造りのものを買って、毎年少し修理してもらって履く方が経済的だし。なんで日本でやったことなかったんでしょ、わたし。
中には修理できない靴底のものもありますけど、できるだけ直してもらえるようなものを買うようにしています。
わたしは足の形が悪くてなかなか足にあう靴が見つからないので、修理に出すようになってからは、靴がつぶれる度にまた履き心地のいい靴を探す旅に出なくて済んでお金も節約できて一石二鳥
修理代はサンダルのつま先部分の皮を張り替えられたりすると少しお値段行きますが、だいたいヒールの修理だけなら$10~20くらいでしょうか。それが高いのか安いのかはわかりません・・・。
実は今回修理に出したミュールはセールで買ったのでかなり安かったんで、修理代かけるのもなー、と迷ったんですが、今年買ったばかりだしとりあえず値段を聞きに行ったら$10ちょっとでやってくれるってことだったんでお願いしてきました。
履き心地良いのでまぁ価値はあるでしょう。
ちなみに、わたしがよくお願いする修理屋さん2軒は両方ともイタリア人なんですよね。なんかそれだけで腕が良さそうな気がしません?(笑)
スポンサーサイト

<< おいしいお昼ご飯  【BACK TO HOME】  今週末もイベント満載 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。