スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もCNEがやってきた。

な、夏はまだ終わってなかったですね!!!
久しぶりに夏らしい陽気な週末で、もちろん元気に出かけてきました
金曜日の夜友達と話してるときに、実はCNECanadian National Exibition)が金曜日から始まってたことに気づき、土曜日に早速行ってきました。
The Exの通称で親しまれているこの移動遊園地は毎年恒例なんですが、CNEは夏の終わりの知らせなのでちょっと寂しいです。
Labor Dayまでやってるので、興味のある方ぜひ行ってみてください。
何があるかって?移動遊園地なので乗り物も少しありますが、屋外にずらーっと景品取るありとあらゆるゲームが並んでます。
お祭りのゲーム好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。射的や輪投げ、ビンゴゲーム、などなどなどなど、景品は大小ぬいぐるみがほとんどかな?中にはおもちゃや自転車(子供用っぽかったですけど)なんかもありました。

cne1
ピンボケですけど、夜はこんな感じ。ゲームとジャンクフードの屋台がずら~り。後にちょっとだけCNタワー写ってますね。
cne2
これ、乗り物たち。有料です(入場料に乗り放題込みのチケットもあります)。

無料のショーやストリートパフォーマンスも1日中行われていて、毎年アイススケートショーをやっていたんですが、今年はそれが馬とアクロバット(かな?)のショーに変わっていました。
カナディアンアーミーのショー、ドッグショー、催眠術ショー、サーカスや手品師など、無料のショーだけでもいろいろあります
cne3
時間によってはおじさんが石を実際に積み上げてるのを見学できます。

わたしがいつも楽しみにして行くのが、World Trade Centreという大きな会場でのお買い物です。
ここはカジュアルブランドのアウトレット大バーゲン会場でもあるので、ものすごい量の服を買ってる人をたくさん見かけます。
わたしはそれよりも、世界各国の民芸品が目的なんですけどね。
毎年、気に入ったものが見つかることもあれば、そうでもないことも。できれば事前に市場価格を把握しておくと、CNEで買うほうが安いか高いか目安になっていいと思います。たまにそこら辺の店で買うより高かったりするのでね。基本的には卸価格で買えるはずらしいんですが・・・。
ほとんどが現金のみ取り扱いですが、カードが使えるブースも増えてきたような気がしました。
中にはトロント市内では販売していないものなんかもあるので、一同に集まってきているこの会場で、珍しいものを見つけることができるかも?この会場の他にももう一つ、ハンドクラフト館(名前たぶん違いますが・・・)もあって、こちらでは手作りの商品を買うことができます。
テレビで見る実演販売なんかも来てるので、何気に見てて楽しいですよ。
お腹が空いたらこれまた巨大なフードコート(Food Building)へ。フードコートなのでまぁジャンクフードばっかりですが、いろんな種類があるので一応食べたいものも見つかると思います。
最後の週末(連休)が一番混み合うので、混雑を避けたい人はそれ以前に行くことをオススメしますが、連休中にはカナディアンエアフォース(空軍)による航空ショー花火があるので、やっぱり一番行ってオトクかもしれません。ま、航空ショーと花火は会場内じゃなくても外から見れますが。

会場へは、Union駅から509番のストリートカー、Bathurst駅から511番のストリートカー、あとDufferin駅から29番のバスも出ていたと思いますが、行かれる前にご確認を。
ちなみに、最後の連休はストリートカー乗るだけでもすごい並んでます(行きも帰りも)。
入場料は$14~なので、高いと感じるかもしれませんが、無料のショーだけハシゴしてても1日遊べるので、機会があれば足を運んでみてください。わたしは前売りでチケット買ってたので(いつ始まるかわかってなかったけどチケットだけは入手してたもんで)$10でしたが、周りの人に聞いてみると職場で割引券をいつでも買える人なんかもいると思いますよ。
わたしとしては、入場料より入ってからのほうがお金使わされるので、きっちりその分予算おいておくんですけどね(フードコートも割高。ゲームももちろん全部有料。でもショーは無料がほとんど)。

ちなみに、今回買ったもので一番気に入っているものは、アフリカブースで見つけたネックレスと(木の実の彫刻チョーカー。めっちゃくちゃかわいいっす。$5)、インドネシアブースで見つけたこちらも木の実で作られたブレスレット($3)。別にここじゃなくても買えるっちゃ買えるんですけどね・・・。

スポンサーサイト

降水量も更新?

変な夏ですね。

雨ばっかり。昨冬は降雪量の記録をあわや更新かってくらい雪が降りまくり、夏は夏で「バンクーバーかよ!!」って勢いで雨が降り。
今週末も雨雨雨~
わたしは金曜日に大好きTaste of the Danforthに行ってきたので、まぁ食べたいものはしっかり食べてきたのでいいんですが。
でもやっぱり、週末雨が降ってこんだけ肌寒いと行動範囲も狭まるし(てゆーかなくなるし)、今日は仕方なくイートンセンターに流れ着いてしまいました。みんな他に行くとこないのか、人いっぱいいましたよ。
最近出費が多いので、結局買い物もせずに帰ってきたんですけどねー。

でも、おかげでちょっとゆっくりできた週末でした
だいぶ疲れがピークにきてるので、いい加減「休まないと死ぬ」って思い始めてたんですよね。先週末の連休は毎日出かけてたし(遠出もしたし)。
残業しなくてよくなると、元通り平日の夕方も時間がたっぷりできるので、そろそろちゃんとごはん作るようにしないとです。
こんだけ食生活めちゃくちゃなのに、返って手間のかからない果物だけを毎日食べてたのでかなり食費がかかってました。今日久しぶりにオンラインで銀行口座チェックしてちょっとびっくり。
ここ1ヶ月でいつもの倍近く使ってます。やっぱり夏で果物が安いって言っても、それだけ毎日食べ続けると結構かかっちゃうんですねぇ。
ますます、早いとこちゃんとした食事を取らないと・・・。

明日からまた仕事ですね。
今週は残業少なくて済みますように!!

グリークフェスティバル

連休明けは仕事が押しまくりで必死に働いてます・・・
わたしの仕事の中には期限厳守なことが多いので、たまに時間がない・・・と青くなることもありますが。
まぁ、結局いつも最後にはなんとなかるので、最近は焦ることもなくまりましたけど(笑)。

明日の金曜日も残業で帰れない気がしてたんですが、今日かなり片付けたので大好きなグリークタウンのフェスティバルに繰り出そうかと考えてます。
毎年恒例のTaste of the Danforthは明日金曜日の夜から日曜日の昼まで、Broadview駅からDonlands駅までだったかな?グリークタウンを丸ごと通行止めにして数キロに渡ってずらりとレストラン前に屋台が出ます。
主にギリシャ料理代表のスブラキなど、お肉を焼いているところや、ギリシャ風サンドイッチギロスやギリシャのデザートなどがこれでもかというほど売られています。店によって味も違えばグリルする人の腕も違うので、いろいろ試してみてください。
値段はスブラキ1本が2~3ドルくらいでしょうか。わたしはいつも友達と一緒に行って、一串をシェアします。そーするともっといろいろ試せますから(笑)。
現金をポケットに入れて、すごい人ごみなので身軽な服装で行ってください。
一番混むのはやっぱりChester駅~Pape駅のあたりです。

正直、この日本の夏祭り並みの人ごみに繰り出す体力があるか心配なんですが。健康優良児だと思って油断してると、最近忙しすぎてまともに食事をとってなかったせいで実は弱っていたようで(自己過信と忙しさのあまり気づいてなかった・・・)、体が悲鳴をあげてるここ最近・・・。やばいと思ってもう少しちゃんと食べるようにはしてるんですが、でもまだそんな時間がないんですよね。一番「食事」を取る時間が作れる朝はちゃんと食べるようにしてます(でもシリアルとか・・・体に良さそうなやつ選んでんですけどね)。
そんな今日のランチはイチゴでした(手抜き過ぎ??)。ビタミン補給できるだけマシでしょ、お菓子食べるより(最近のランチ=ポテトチップ・チョコレート・ミントタブレットなどなど)。
例え急に食べ過ぎてお腹壊しても、このフェステバルだけは外せません食道楽の意地にかけて臨んでこようと思います(←本気)。

ナイアガラでカジノ。

連休はお天気にも恵まれてみなさん楽しまれたことと思います。
わたしも毎日外出してましたが、「何かしないともったいない!」というプレッシャーに駆られてかなり疲れました・・・。
連休中のどこかで絶対にトロント市外に出たかったので(長いこと旅行してなくて飢えてます)、カジノバスを利用してナイアガラまで行ってきました
えぇ、もちろんカジノで遊んできましたよ
2分で終了したけど。キャッシュバック分の$10だけ使ってきました。一緒に行った友達は一旦ちょっとだけ勝ってたんでわたしよりも持ちましたけど、結局15分ほどでカジノを退散。ま、そんなもんでしょ。
カジノバスは中国系ツアー会社がコーチカナダのバスをチャーターして運行しているものと、コーチカナダが直接運行しているものがあります。中国系ツアーはSafewayという名前らしいですが、わたしは利用したことがないのでわかりません。中国人客との押し合いに勝たなければ乗れないというウワサは耳にしましたけども。確か$25で$20キャッシュバックだったかな?
コーチカナダはカジノカードを持っていない人は$30くらいで、$10キャッシュバックされます。カジノカードを持っている人はもう少し安いです。
スケジュールはこちらでどうぞ。Coach Canada Casino Trips
中国系のほうは一応予約が必要らしいですが、コーチカナダのほうは必要ありません。
必ず政府発行のIDを持参しましょう。バスに乗るとき、降りるとき、カジノカードを作るとき(持っていない人)、カジノに入るとき、と提示を求められます。
パスポートを持って行けば問題ありませんが、カナダの運転免許証を持っている人はそれで大丈夫です。
連休中ってことでQEW(高速道路)が混んでたせいもあって、到着が予定より30分以上遅れましたが、カジノでそれほど時間を使わなかったので(・・・)晩ご飯を食べてそのあと滝を見ながらぶらぶら散歩・・・といきたかったんですが、もんのすごい人で歩くのも大変でした
夏に行くとやっぱり人が多いです。
ちなみに、滝周辺はものすごいアメリカ人向けなレストランやショップが並んでいます。あまりおいしい健康的な食事は期待しないほうがいいかもしれません・・・。高級ホテルも立ち並んでいるので、その中にはいいレストランも入ってるかもしれませんけども。カジノ内にバフェもあります。
帰りのバスが11時だったので、ライトアップを眺めつつバス乗り場に早めに戻りました(乗れないと次の日の朝まで待たないといけないので・・・)。花火があったんですけどね。人ごみを避けるために花火が始まった頃にホテル前に戻ったので、結局音だけ聞きました。
ナイアガラの花火はいいですよ。いや、日本のに比べたらしょぼすぎるんですが、それでも花火との距離が近いので結構きれいです。アメリカ滝の前で打ち上げられます。

horseshoe
これが一般的に「ナイアガラの滝」として知られているカナダ滝。

こっちがアメリカ滝。と、カナダとアメリカを結ぶレインボーブリッジ。
americanfalls

ライトアップって聞くともっと派手派手しいかと思いがちですけど、結構地味です(滝にスポットライトで色がつくだけ)。でもわたしは何気に幻想的で好きですけどね。滝自体がすごいんだから、変な飾りつけは必要ないでしょ。ライトに色が入る前は白のままなんですが、それが一番雰囲気あった気がします。日が沈んですぐ、完全に暗くなる前だったからかもしれませんけど。

こんな強力ライトで照らされています。
niagarafalls

帰りは無事にバスにも乗り込め、渋滞もなくスムーズに走って夜中にトロント到着。
短時間の滞在でしたけど、市外に出たってだけで大満足でした。
他にも友人宅でのBBQやお買い物などで連休終わる頃には疲れ切っていましたとさ。

次の連休はレイバーデー(9月)ですね。
夏ももうすぐ終わりです。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。