スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職・転職

前にも書いたかも知れませんが、こちらでの就職はコネがあるのとないのとではだいぶ変わってきます。
顔の広い友達や知人がいると、紹介してもらえる可能性がかなり高くなります。
紹介してもらったからといって仕事が確実にもらえるというわけではありませんが、紹介するからにはそれなりにそのポジションに向いてそうな人を選ぶはずなので、オファーをもらえる可能性も濃厚なわけですね
わたしは今の仕事をすぐに辞める気はないのですが(キリがついたら転職を考えてはいますが)、今までに友達や仕事関係者からたまに打診が何度か来て、たいがい今の仕事よりも給料も待遇も良くなるので心が揺れたこともありました。
結局どうもタイミングが合っていないというか、どうしてもしっくり来なかったのでオファーは受けなかったんですが。
で、今日また仕事の取引がある人から突然オフィスに電話がかかってきて、彼女の取引先企業が人を探しているとかで、以前にその会社関係者になぜかわたしの話をしたことがあったらしく、来てもらえないか聞いて欲しいと言われたそうな。それはわたしが特にすごく仕事ができるから、とかいうことではなく、今やっている仕事の延長のような仕事内容なので手っ取り早いと思われたんでしょうね。
とてもありがたい申し出ではあったし(今じゃなくてもわたしの気が向いたときに連絡してくれればいいとかなんとか。じゃぁ別に必要なポジションじゃないんじゃん・・・)、たぶん今よりも確実に給料はよくなるんですが、正直転職するなら別の業種に行きたいし、今の職場でまだまだやることがたくさんあるのでとりあえず辞退しました。
でもありがたいですね。こうして仕事の話をまわしてきてくれる人がいることが
わたしの場合、これといった特殊なスキルがあるわけでもないし、「この業界のこの業種でこんな業務がしたい」っていう明確なビジョンもなく(いや、希望の業界・業務内容はもちろんありますが)、こうやって話を持ってきてもらっても特に「いや、別に今の仕事でいいです」って思ってしまうんですよねぇ。
友達に言うと、「なんで受けなかったの!!?」ってよく怒られますが・・・。
今の仕事で「これだけのことをやりました」って胸をはって次の仕事の面接に臨めるよう、今しっかりがんばらないとですね。
スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。