スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロントの本屋さん

日差しが暖かくなってきたとはいえ、今日は寒かったですねぇ。風が・・・
今週は雨が降るようですね。
April showers bring May flowersという表現があります。春があるんだかないんだかわからないここトロントでも、一応「春雨」という概念はあるんですねぇ。まぁトロント限定の表現ではないですけども・・・。
今日はお昼ごはんを友達と食べに行って、友達は用があってランチ後すぐに帰ったので、一人でフラリと本屋に行ってきました
こちらでは本が高いので、普段は古本屋を大いに活用しています。カナダ人って読書家な気がします。これだけ古本屋があちこちに立ち並び、常に人が出入りしているということは、それだけ需要があるわけで本も循環してるわけですよね。古本屋がはやるのは、やっぱり本が高いからでしょうけど。
とか言いながら、今日行ったのは普通の本屋さんなんですが汗
何かと独占マーケットなカナダ。大手の本屋といえばIndigoですよね。他にもChaptersとかColesとかありますが、全部同じ会社です
普通のペーパーバックの一番安い(はず)プリントを買っても、定価だと10ドル以上するので、新品の本を定価で買うことはまずないんですが、セールになっている本がたくさんあるので、それをたまにチェックしに行くんです。(ちなみに本にはGSTのみかかります。)
日本では新品の本がセール価格ってあんまりないですよね??本は常に定価なような・・・。
Indigoのメンバーズカードを作れば(年会費$25。入会時に割引クーポンを数種もらえます)、店舗で購入する場合は10%オンラインで購入する場合は5%の割引が受けられますセール価格にもこの割引率が適用されるので、うまく見つければなかなか安くで買い物ができたりします。
ベストセラーは常に会員は40%オフで購入できるので、悪くないですよね。
今日もちょうど評判を聞いていた本がいくつかセールになっていたので、購入してきました
日本にいるときから本はほとんどAmazonで注文していたんですが(安くで買えるので)、カナダに来てからも基本的にはAmazon.caIndigoのオンラインストアで購入しています。あ、古本屋が一番ですが。
品揃えと割引率はAmazonのほうが上だと思います。でもモノによっては、Indigoのほうが安かったりするので、わたしは常に両方見て安いほうで買います。どちらも$39以上オーダーすると送料無料になるのでお得ですよ。
テキスト類はAmazonのほうが断然在庫を持っています。そしてかなり安くで買えたりするので、こちらにきてテキストが買いたい場合は、本屋や学校で実物をチェックしておいて、AmazonかIndigoオンラインストアで値段をチェックしてみると、一番安くで購入できると思いますよ。日本で発行されたクレジットカードでも使えるはずですのでお試しあれ。

さて、溜まりまくっている未読の本たちをがんばって読むとしますかね・・・。
スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。