スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆カルチャーショック

トロントに来る前にも何度かホームステイをしたり、旅行をしたりしていたので、海外では日本の「お客様は神様です」精神を期待してはいけない、という教訓はすでに学んでいたので、期待通りというかなんというか、トロントに来てからも腹が立つことはあれど、びっくりすることはあまりなかったんですよね。
ですが、逆に何にびっくりするかと言うと、日本のサービスの良さ!!!
いわゆる逆カルチャーショックっていうんでしょうか?ここまで日本で当たり前だったことに驚くようになるとは、さすがに予想していませんでした(笑)。
最近、ネット上で何件か問い合わせをしたんですが、その回答が光速で返ってくることと、「こんな単語知らん・・・(意味わかるけど)」というこれでもか!!という丁寧な文面。
北米のサイトに問い合わせ送っても、翌日返事が返ってきたら「たいへんよくできました」シールをあげたいと思ってしまいますからねぇ。
こっちに来てからも、何度か電話で問い合わせたこともありますけど、基本的に超親切丁寧でこっちが思わずどぎまぎしてしまいます・・・。あ、一度だけ感じの悪いおじさんに対応されたことありますけど、すでにそのときこっちのサービス基準に感覚が狂っていたのか、それほど腹が立つこともなかったですね。
でも、この日本の迅速かつ丁寧なサービスを受けて思うのが、日本で求められているサービス基準の高さ。今までも今もこれからも、たぶんどっちかというとサービス業よりの職業なので、それを考えるだけで少し倦怠感がね・・・。日本に帰って就職することになったら、あの社会でやっていけるんだろうか、と不安にならずにはいられません。まぁ、帰ったらすぐに慣れると思いますけどね。順応性だけはしっかりあるので。順応性はカナダでさらに鍛えられた気がしなくもない
まぁ、わたしのモットーは郷に入れば・・・なので、カナダでも日本でも、がんばってうまくやっていきます。
スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。