スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で働くのは日本よりラク?

海外移住(ここではカナダ・トロントでの話とします。他は知らないので)をしたいと思っている人たちからよく実際に聞く言葉に、「日本みたいに仕事のストレスがない」「こっちは人間関係でごたごたしない」から日本に帰りたくない・こっちに住みたい、というのがあります。
確かに、日本に比べたら仕事に対する働く側の態度も求められている態度もそこまで厳しくないかもしれないし、働くのが嫌いで適当にやりたい人には日本よりはあっているかもしれません。
でも会社や関わっている業務によっては、当然責任も大きいですし、適当に済ますことはできません。それに関しては日本と変わらないと思います(万国共通かな?)。日本よりもリラックスしているというのは確かですけどね。
でも、人間関係はどうでしょう?わたしはこちらも十分人間関係って大変だと思います。
わたしは今までたくさんの会社で働いてきたわけでもないし、比較対象があまりないですが、違う文化の中で育った人たちと仕事をするのは、決して簡単ではありません。根本的な価値観や仕事・生活に対する考え方が違うので、理解に苦しむことも多々あります。
周り全部がカナダ生まれのカナダ育ち、というなら、まだある意味カナダ人との付き合い方だけわかればいいわけですが、カナダ育ちと言ってもいろんなバックグラウンド出身の人がいるので人くくりに「カナダ人」とも言い切れないところもあります。移民の同僚が多いと、その文化の違いを顕著に感じることは日常茶飯事じゃないでしょうか。
どうしても日本の基準でモノを見てしまうので、たまにイライラしたりびっくりしたりすることもありますが、基本的に自分の業務に差支えがなければ流すようにしています。わたしは彼らのボスではないし、彼らがどのように仕事をこなすのかを口出す立場ではありませんからね。助けられるところは助けあって、チームとして成り立つようにあまり細かくごちゃごちゃ言わないようにしています。要は仕事がきちんとこなせれば、個人的な目くじらを立てる必要はないわけですし。会社全体に迷惑になったり、業務に大きく差し障るような場合ははっきりモノ申しますがね・・・(結構言いたいことズケズケ言ってしまうので、わたし・・・)。
人によってはズケズケと言いたい放題言ってくる人もいるし、他の人に気を遣ってもらって当然、というようなまさに職場で上げ膳据え膳を期待しているような同僚もいますが、まぁ、十人十色ということで。
わたしが日本の職場で一番イヤだったことが、陰口がやたらと多かったことなんですね。わたしがいた職場だけかもしれませんが、日本人は面と向かって物は言わないけど、陰では言いたい放題な印象があります。
わたしはどちらかと言うとポロっと本人に言ってしまうところがあるので、日本ではよく嫌われました・・・。カナダ人もあまり直接はっきり言わない人が多いと思いますが、日本ほどネチネチしていないような?でもやっぱり、どこの国にも本人にはニコニコしておいて、本人のいないところで悪口を言いまくる人というのはいるもので、そういうところは日本と一緒じゃないでしょうか。
まぁ、日本で働くにはそれなりの、海外で働いて生活するにもそれなりのストレスがあるということです。
あ、でも、こちらの方が仕事とプライベートをきちんと分けて、プライベートな時間もしっかり持つ人が多いので、残業もあまりないし(忙しかったら残業しますが)、自分の時間は日本よりも持ちやすいと思います。これも職種によりますけどね。友達何人かは毎日残業、休日出勤が常ですから。
結局何が言いたいのか自分でもわからなくなりましたが、仕事して地に足つけて生活しようと思ったら、どこにいても簡単ではないということです。
わたしの個人的な見解でした。
スポンサーサイト

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。